<< 天皇陛下の誕生日前会見、取りやめ | main | 世田谷一家殺害から8年 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
口封じに殺された17歳…残していた犯罪撲滅ソング
  千葉市で07年9月、当時14歳の少年に刺殺された千葉県立高3年鈴木健太さん=当時(17)=の遺品から、犯罪撲滅を願う自作のラップソングを録音したカセットテープが見つかった。「近ごろ多い少年犯罪 きちんとした意味もなく人殺して 年関係なくそれはもう人殺しで まだ幼いのに何してんだ 親や教師は何してたんだ」。まるで自身の事件を予見したかのような歌詞に衝撃を受けた遺族が「健太の死を無駄にしたくない」と公表した。曲名は「今の世の中」。中学時代に書いた作文から、04年に長崎県佐世保市で小6女児が同級生に切られ死亡した事件が作詞のきっかけだったとみられ、亡くなる1年ほど前に作詞。無伴奏で、凶悪犯罪に揺れる社会を変えたいとの思いが切実に歌い込まれていた。健太さんは、自宅に盗みに入った少年を目撃しただけで口封じに殺害された。

スポニチ

遺族にとったら切ない歌だね…。
| 転職 | 11:50 | comments(0) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| - | 11:50 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://true-love-na2.jugem.jp/trackback/186
トラックバック
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2008/12/25 3:28 PM |